CDプレスの際に気になることは

CDプレスを行う際に気になる事といえば、やはり値段ではないでしょうか。数多く作ることが多いだけあって、総額でどのくらいの費用が掛かるのかはどうしても気になるところです。インターネットを探せば、CDプレスを行ってくれる会社が数多く見つかりますが、その中で料金面をピックアップして比較検討していくと、1000枚というのが一つの基本セットになっているということに気づきます。そのため、この1000枚を基準にしてCDプレスを行うことにしたとき、どのくらいの料金になることが多いのかという相場を知ることが重要になってきます。平均するとプレスだけなら20000円前後というところが多くなり、これにジャケットなどを添えるとさらに値段が上がります。また、印刷の質をどの程度にするかによっても変わりますので、詰める要素はかなりあると言えるでしょう。

CDプレスをどこで行うかは

CDプレスを行う場合、そこそこまとまった枚数を作ることになるため、料金が気になります。国内生産を行っているところが大半で、国内工場で作ることを最大のウリにしているところもたくさんあります。やはりメイド・イン・ジャパン品質は優れているということを、多くの消費者が実感しているということでしょう。けれど、中にはメイド・イン・ジャパン品質までいかなくてもいいから、できるだけ安く、とはいえそこそこの品質で作ってほしいということもあると思われます。そんな場合は、格安のCDプレスが可能なところを選ぶといいでしょう。海外の工場で作ることになりますが、台湾など日本にとって親しみのある国で作られるのであれば、国内工場でなくても安心できます。格安の理由が分かれば納得もできますので、まずは情報収集から始めるのがいいでしょう。

長く、どんなものでも聞けるのがCDプレス

最近は、CDが売れない時代になってきたと言われています。好きな楽曲だけをダウンロードし、デジタル音楽プレイヤーに落とし込む人が増えてきたからですが、その一方で、きちんとしたジャケットが作られ、ケースに入ったCDが欲しいという人もいます。そうしたCDを世に送り出す際に使われる作成方法は、CDプレスと呼ばれるやり方です。スタンパーという金型をマスターディスクから作り、それを基に次々と同じ内容のディスクを作っていきます。このCDプレスという方法で作られたディスクは、再生する媒体をほぼ選ばない優れた互換性を持っていますので、パソコンからコンポ、本格的な音楽システムまで、どんなものでも聞くことができます。さまざまな媒体を使うことが多い人なら、CDプレスによって作られたCDを買うことで、半永久的に聴くことができます。